水や空気みたいに透明なもの、でも意味があるもの。
誰かの想い、でも見えないもの。
そんなものを可視化する方法で、『粒画』という技法を考えました。

時間はかかるけど、ひたすら無心。
見えないものに力を。